看予備TOP > 看予備とは

真の学力を目指し、看護医療系の専門予備校として常にナンバーワン、それが看予備です。

ライン

看予備とは

看予備とは、次のような特長を持つ、学校法人の看護医療系専門予備校です。

詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

講師陣の紹介

石川博剛
学校長 石川博剛
北大大学院卒
数学・化学担当

皆さんに、合格の秘訣を4つ紹介します。

1.予習をしてから授業に出る。
2.毎日出席し、授業は集中して聴く。
3.模試や授業の復習・宿題は、その日のうちに済ませる。
4.上記1~3を毎日やり続ける。

 「あたりまえだよ」と思った方がほとんどでしょうが、その「あたりまえ」を真正直に最後までやり遂げた方が、第一志望に合格しているのです。一日やり遂げるごとに合格に近づき、一日さぼるごとに、合格は遠のきます。自分を合格に近づけるか、遠ざけるかは皆さん自身が毎日「決める」ことができるのです。皆さんが「合格する」と決めた場合には、私達は全力でそれをサポートすることを約束します。短い期間ですが、一緒に頑張りましょう。

石川博剛

各教科主任

工藤先生
英語科主任
工藤 雅之先生 (慶應義塾大卒)

 受験勉強は自分との闘いです。でも、それに勝ったときに必ず道は拓けます! 看予備で、夢に向かって大きな一歩を踏み出しましょう。全力でバックアップします!
Make your dreams come true!


>栗林  久樹先生
数学科主任
栗林 久樹先生 (早稲田大卒)

 数学の勉強にあたっては、「何を覚えるのか」を明確にすることと「覚えた公式・定理のどれを使うのか」を判断できるようにすること。授業ではその2点にスポットをあてていきます。


田代 早矢人先生
国語科主任
田代 早矢人先生 (北大大学院卒)

 国語は勉強しても意味がない。そう考えている人が多いようですが、それは大きな間違いです。正しい勉強法を身につければ確実に得点に結びつけられる、それが国語なのです。看予備では、国語の「解き方」「知識」「考え方」を徹底的に反復して教えます。看予備の国語で他の受験生と差をつけましょう。


伊藤  新一先生
理科科主任
伊藤 新一先生 (北大卒)

品名:伊藤新一
成分:水、タンパク質、脂質、核酸、糖質など
用途:生物の講義全般、職員室での質問受付、生物の最近の話題提供
備考:最後までついてきて下さい。必ず合格させます。


講  師

佐藤先生
英語担当
佐藤 和夫先生
明治大卒

 Will Power !! 「意志の力」が自分の世界を変える。看護師になりたい!なるんだ!という強い意志が夢を実現させます。
あきらめるな、くじけるな、がんばれ! そして、いつもKeep Smiling !!!


太田 完爾先生
数学担当
太田 完爾先生
北大大学院卒・理学博士

  数学では日々問題を解くことが大切です。その積み重ねが合格へと繋がります。そのためには、どうやって問題を解いたらよいのか、また、どんなポイントに気を付けないといけないのか、これらを徹底して指導します。合格へ向けて、一緒に勉強しましょう。


木谷  満先生
国語担当
木谷  満先生
北大大学院卒

  古文は難しくない。文法書のなかった平安時代の人々も、意思の疎通はできていたのだから。この一年で、古文の「しくみ」を理解するためのコツを、しっかりと手に入れよう。


山田 晃子先生
英語担当
山田 晃子先生
米チャップマン大卒

  英語の実力を確実にするには、基礎力を身につけ、更なる力を積み重ねていくこと。そのための応援は惜しみません。考え、学び、試み、努力し、信じて、そして最後に喜びを共に分かち合いましょう!


町田 誠也先生
化学担当
町田 誠也先生
北大大学院卒

  理科が苦手だって?そんなはずはない。「克服してやろう」という強い気持ちとほんの少しの努力で化学は誰でも得意になれる。看予備を、そして何よりも自分自身を信じろ!!


三井 貴之先生
社会担当
三井 貴之先生
早稲田大卒

  センター社会は、地理・歴史・公民で勉強法が違ってきます。分量も違うので、まずどれを選択するかがポイントです。高校での選択と関係なく新たに取り組むこともよいでしょう。また、社会は暗記科目ではありません。「理解」と「ツボ」の押さえ、これで万全です。



個別指導員

佐藤 和夫先生
チューター
大箭 寛人チューター (酪農学園大卒)

基礎分野を中心に幅広く質問を受け付けています。「分かんないッ!」という事を放っておくと、分からない事は増えていく一方です。どんな些細で簡単な質問も、一緒になって考えます。そして「分かんないッ!」を一つでも多く「分かったッ!」にしましょう。


学校法人 創研学園グループ

学校法人 創研学園グループ

創研学園グループの歴史

1970年 個人指導による高校、大学受験指導を北4西13で開始。
1974年 5月20日創研学園の母体である日本教育システム(株)を設立。
1978年 「大学受験学園セミナー」として通年指導を開始。
1982年 「看護コース」を設置し、100%の合格実績達成。
1983年 「看護コース」を独立させ全国に先駆け看護専門の「創研学園 北海道高等看護予備校」開校。成績処理コンピュータ導入、現役生対象に「夏・冬期講習会」、全道各地で「進学相談会」を実施。この年の合格率も95%を超す。
1984年 「医短系選抜コース」を開設。「北海道看護模試」(道看模試)実施。
1985年 「夜間進学コース」を開設し、准看護師有資格者の進学指導を行う。「課外授業」や「赤十字血液センター見学会」など幅広い学習指導を展開。
1986年 「短大模試」新設。「夏・冬期講習会」と併行して「夏期・新春特訓ゼミ」を開始。「道外インフォメーション」「ガイダンス」等、道外受験生の要望に応える。
1989年 看予備直営第1創研寮新築。「高2看護模試」新設。
1991年 看予備直営第2創研寮新築。「看予備進学模試、札幌市医師会准看プレテスト」を新設。8月研修旅行実施(東京)。全道で受験説明会実施。
1992年 入試の変革期を迎え、指導体制・カリキュラムを一新。看予備模試実施校は准看学校も加え265校と過去最高を記録。2年連続合格率90%以上を達成。
1994年 年4回の進学模試を無料実施。高看コースをより細分化し、各科目の学力別による徹底したクラス作りを実施。
1995年 8月、札幌市北区北20条西4丁目に校舎新築・移転。
1998年 4月に全国で看護系唯一の「学校法人創研学園北海道高等看護予備校」となる。合格率93%を達成。国家試験対策講座や保助コースなど様々な受験生のニーズにこたえるべく種々の講座を開講する。
2000年 貸室希望者に創研MSビーイングをオープン、創研学園グループとして労働大臣認可によるハローナース(職業紹介)開設など、より幅広いサービスの提供を計る。
2003年

センター入試対応のため、コース・カリキュラムを再強化。4月1日知事認可を受け、校名を「北海道高等看護予備校」から「看予備」へと改称。

2004年

自衛隊中央高看の札幌試験会場となる。

道看模試判定に私大を取り込みバージョンアップを計る。私大看護科受験コースに高看難関校を組み込み指導の一体化、効率化を計る。

2005年 (財)日本語教育振興協会認定「学校法人創研学園看予備日本語科」新設。北海道庁に「学校法人創研学園看予備日本語科」の申請が受理される。
2006年 日本語科第1期卒業生を出す。国立大・私立大の100%合格を達成。高2看護模試を年3回から4回へと増設。社会人フリーパス制度を新設し、更なる指導強化を計る。高等学校依頼による進路講演会(受験指導)が年間150回を超える。
2007年 学力強化のみならず、医療に関する知識と理解を深めるべくソフト面のより一層の指導強化を目的に、看護学校や大学、病院等から講師を招聘し様々な校内講演会を開催する。
2008年 日本語科1年課程新設。学費支援の強化としてGコース在籍者への次年度学費免除制度を導入。 4月1日施行予定の学則変更に向け、設置クラスなど様々な体制強化を計る。
2009年 地方にお住まいの方の経済的支援を目的に入寮特別コースを新設。寮生は5年連続100%の合格率を達成。
2010年 日本語科から全国的にもあまり例のない外国人の高看学校合格者を輩出。
2011年 前年度に引き続き希望者全員に看予備奨学金を支給。受験指導の一助として札幌市立大学や赤十字社など道内外からより幅広く特別講師を招聘する。新たに2校の看護学校から推薦指定校としての認定を受ける
2012年 体験研修ではドクターヘリ内部なども見学。札幌医科大学教授や道内外看護学校から校長等を招き、前年を上回る様々な講演会を実施。看予備主催の面接対策説明会には校内外1,000名以上の学生が参加する
2013年 平成22年に卒業した外国人の高看学校合格者が看護師となりNHKでも放送される。2013年入試で札幌市立大社会人入試合格占有率100%を達成する。
2014年 学生の経費負担を考え、様々な奨学金制度の充実強化を計る。
2015年 高看基礎コースの新設、国民年金の学生納付特例申請校の認定を受ける。道看模試判定対象校に札幌市立大、名寄市立大を新たに取り込む。
2016年 Gコース生への看予備奨学金制度を導入。夜間部生も看予備直営寮の入寮が可能になる。
2017年 新設の北見医師会看護や三草会札幌も新たに招き大学看護科や専門学校の校内受験ガイダンス数は過去最高となる。
メールで問い合せる
資料請求はこちら
ページトップへ戻る