看護医療系受験の専門予備校

ライン

各講習会・説明会

2018年 国家試験対応[夏期コース] 症例アセスメント講座 終了

 2年生以上の看護学生を対象とした夏期症例アセスメント講座を開催いたします。紙上事例を用いて看護目標の立案の仕方や看護計画など、具体的にアセスメントするために必要な情報の確認や基盤となる解剖生理の知識等を症例で分かりやすく講義いたします。アセスメントは看護師にとって必要な能力であり、国家試験では近年、アセスメントする能力を計る問題が増加傾向にありますので、ぜひ、この機会に受講してください!


各講習会・説明会
症例アセスメント講座 会場:札幌(看予備)
対  象 大学看護科・看護学校2年生以上
開講日時 8/4(土)13:30~17:20
受 講 料
通常受講料 割引受講料
7,000円 5,000円

・看予備卒業生、あるいはグループ(2名以上)でお申し込みの場合は「割引受講料」となります。

・キャンセルについては、開講日の5日前までにご連絡ください。受講料を返金いたします。




■■2018年 国試対応 症例アセスメント講座 受講者の声を掲載させて頂きました。■■


■心臓の基礎、疾患、治療法の説明が一つ一つわかりやすく時間がすぐすぎると感じる程楽しかったです!またこのような講義があったら受けたいと思います!本日はありがとうございました!

■症例を使用して対象者の病態生理から生活背景を想像しやすかったです。特に、心臓の機能を学習してから病理学・病態生理をかみ砕いて説明してくださり、対象者の情報と関連付けて学習することができて良かったです。また、疾患に対する治療薬及び治療(手術の種類)についても理解が深まりました。先生の導きだした看護目標や看護問題が対象者の個別性と合致していて、考え方の参考になりました。

■アセスメントが苦手なため克服したいと思い、症例アセスメント講座を受講しました。基本的な解剖生理から教えていただき、検査データから考えられることや術式やその合併症についても教えていただき、理解できていなかったところを理解できました。今後、実習でアセスメントする際の参考になりました。今回は狭心症の事例でしたが、他の疾患の事例での講座も受けたいと感じました。脳神経の疾患の事例の講座があるといいと感じました。

■夏休み明けの3ヶ月実習で循内に行く予定なので、狭心症の病態や解剖からわかりやすく解説してくださり、実習前の良い事前学習になりました。中性脂肪とLDLとHDLの3つの関係も詳しく説明があり、HDLは中性脂肪とLDLが余っている時は中性脂肪を優先して運ぶということを知りませんでした。アセスメントが苦手なので、手術を受ける前、手術後と分けてアセスメントを展開してくれてわかりやすかったです。アセスメントをするにはPtの病態をしっかり理解して生活の面も一緒にみていくことが大切だとわかりました。

■1つの症例から病態、アセスメント、看護問題、計画までとても丁寧にわかりやすく教えていただき、とても理解が深まりました。すべての領域実習を終了してものの、心臓系(循環器)の患者様を受け持ったことがなかったので、とても勉強になり、国試やその先働いた時にも今日学んだことを活かしていきたいと思います。


資料を請求する
資料を請求する
各講習会・説明会
メールで問い合せる
資料請求はこちら
ページトップへ戻る